妊活中・妊娠中に飲みたい葉酸サプリ

閉じる

妊活中・妊娠中に飲みたい葉酸サプリ

→葉酸って何?

→葉酸摂取の効果について

→妊婦と葉酸の関係

→妊娠前と産後も葉酸は必要

→葉酸豆知識

妊娠中・産後の食事

→妊娠中に積極的に食べて欲しいもの

→妊婦さんが葉酸以外に摂るべき栄養素って?

葉酸サプリのさまざまな効果

葉酸がつわりを軽くしてくれるって本当?

葉酸サプリは抜け毛を予防してくれるの?

葉酸サプリは冷え解消してくれるの?

葉酸サプリの噂 ウソ?ホント?

葉酸サプリで子供がアレルギーになるって本当?

葉酸サプリで太るって本当?

妊活中も必要な葉酸サプリ

妊活中は男性も葉酸が必要!

妊活中に葉酸サプリが必要な2つの理由

葉酸サプリ個別レビュー

AFC葉酸サプリ

アイコン"ベルタ葉酸サプリ

プレママへの参考情報

妊婦さんに多い「浮腫&こむら返り」の対策って?

妊婦さんに多い「貧血」の対策方法

新ママへの参考情報

葉酸は母乳育児にも必要な栄養素です

母乳とミルクどっちがいいの?

オススメ葉酸サプリランキングはこちら >

妊娠前と産後も葉酸は必要

産後も葉酸を飲んだ方がいい理由

(1)子宮の回復に効果的

出産と同時に葉酸も卒業すれば良いと誤解している女性も多いようですが、産後の女性にも葉酸は必要な栄養素です。子宮は妊娠前は約40〜50gなのに対して、出産直前には約800〜1000gまで大きくなります。これが赤ちゃんが生まれた後、少しずつ小さくなり約6〜8週間かけて妊娠前の大きさに戻っていきます。

子宮の回復は高齢出産や2度目以降のお産の場合、時間が掛かるケースもあるのですが、葉酸が産後の子宮を早く回復させる役目もあるので、産後ケアの一環として葉酸サプリメントを活用すると良いでしょう。

 

(2)抜け毛予防に効果的

多くの産後女性が悩むのが「抜け毛」です。 産後は女性ホルモンの分泌が妊娠時期と比べると減るのですが、そうすると今までホルモンによって行われていた髪の毛の生成がストップして抜け毛が多くなるのです。 また、産後のダメージを回復させるために栄養素はまず子宮と赤ちゃんに行き渡るので、末端の髪の毛や爪などにまで栄養度が届きにくくなるのです。 葉酸にはホルモンバランスの変化による細胞活性化の低下が原因の抜け毛に作用する効果があるのです。

 

授乳中も葉酸を飲んだ方がいい理由

授乳は、赤ちゃんの健康な発育を促す重要な役割を担っています。 母乳はお母さんの血液から作られているので、血液を作り出す働きをしてくれる葉酸を摂取することで母乳の出を良くすることにも繋がります。 授乳中に葉酸をきちんと摂取して良質な母乳を赤ちゃんに与えることができれば、しっかりと成長していきます。 現在は成分の良いミルクも沢山売られていますが、母乳を吸われることで出てくるオキシトシンというホルモンが子宮の回復を早めてくれるので、お母さんの体のためにも産後1ヶ月は母乳を与えることをオススメします。 厚生労働省も、授乳中の葉酸必要量は通常期の1、4倍であると発表しています。 また授乳中は赤ちゃんに栄養素がどんどん行き渡り、お母さんに栄養素が残りにくくなることから、可能であれば葉酸に加えてビタミンやカルシウムが同時摂取できるサプリメントを選ぶことが 良いでしょう。

 

ベビ待ちの女性の葉酸を飲んだ方がいい理由

これまでにも紹介した通り、葉酸は妊娠初期に特に重要な栄養素になるのですが、妊娠したと気がついた時には既に妊娠2ヶ月目に入っていることも多いので妊娠を計画している人や妊娠を希望している人は早めのうちから意識した方が良いでしょう。

 

妊活中は男性も葉酸を摂った方がいいって本当?

これは本当です。葉酸には赤ちゃんの奇形などの先天異常を予防する効果があることはこれまでにもお伝えしてきましたが、これは男性にも当てはまります。というのも、葉酸が不足している男性の精子には染色体異常が見られる可能性が高く、そのまま卵子と精子が受精すると、その時点で先天異常である「奇形」というのが決定してしまいます。葉酸は精子の正常な分裂に働きかけるので、男性も摂取することで染色体異常を回避できる可能性が高められるのです。実際に葉酸を1日の推奨量の摂取を行った男性と摂取を行わなかった男性で比較した際、染色体異常のリスクが低くなったことが報告されています。ちなみに、妊活中の男性の葉酸摂取推奨量は300μg/日です。

男性の精子が出来るまでには3ヶ月の期間を要するので、妊娠を望んでいるカップルは男性も妊娠希望の3ヶ月前から葉酸を積極的に摂取することをオススメします。男性の葉酸摂取が妊娠する確率を高めるという説も巷で存在するようですが、医学的な根拠は今のところ確認されていません。