妊活中・妊娠中に飲みたい葉酸サプリ

閉じる

妊活中・妊娠中に飲みたい葉酸サプリ

→葉酸って何?

→葉酸摂取の効果について

→妊婦と葉酸の関係

→妊娠前と産後も葉酸は必要

→葉酸豆知識

妊娠中・産後の食事

→妊娠中に積極的に食べて欲しいもの

→妊婦さんが葉酸以外に摂るべき栄養素って?

葉酸サプリのさまざまな効果

葉酸がつわりを軽くしてくれるって本当?

葉酸サプリは抜け毛を予防してくれるの?

葉酸サプリは冷え解消してくれるの?

葉酸サプリの噂 ウソ?ホント?

葉酸サプリで子供がアレルギーになるって本当?

葉酸サプリで太るって本当?

妊活中も必要な葉酸サプリ

妊活中は男性も葉酸が必要!

妊活中に葉酸サプリが必要な2つの理由

葉酸サプリ個別レビュー

AFC葉酸サプリ

アイコン"ベルタ葉酸サプリ

プレママへの参考情報

妊婦さんに多い「浮腫&こむら返り」の対策って?

妊婦さんに多い「貧血」の対策方法

新ママへの参考情報

葉酸は母乳育児にも必要な栄養素です

母乳とミルクどっちがいいの?

オススメ葉酸サプリランキングはこちら >

妊活中に葉酸サプリが必要な2つの理由

2015-02-26

 

葉酸サプリは妊婦さんが飲むものというイメージが定着していますが、実は妊活中の女性・近い将来妊娠する可能性が高い人にこそ摂ってもらいたい栄養素なのです。
葉酸サプリに妊娠する確率を高める効果があるという訳ではないのですが、妊娠初期に葉酸を摂取していると赤ちゃんの脳の成長を促してくれて、神経を作ってくれる働きがあり、赤ちゃんの先天的異常のリスクを低くすることができるのです。
では、妊活中女性に葉酸サプリが必要な2つの理由を詳しくご紹介していきます。

 

(1)先天性奇形のリスクを軽減してくれる

先天性奇形とは、お腹の中の赤ちゃんに奇形が生じることを指しており、ダウン症・口蓋症・無脳症などが該当します。そして、先天性奇形を持った赤ちゃんの確率は100人に4人とも言われており決して他人事の問題ではないのです。この先天性奇形の原因は2〜4割程度は遺伝や染色体の問題であり、それ以外のはっきりした理由は解明されていません。
しかし葉酸を摂取していれば先天性奇形のリスクが軽減できる、と厚生労働省も発表しており、特に妊娠したタイミングで体内に葉酸が蓄積されていなくてはいけないので、妊娠1ヶ月前から葉酸サプリで葉酸がきちんと摂れている状態にすることを推奨されています。
さらに、絶対感受期と呼ばれる4〜7週目まで、臨界期と呼ばれる12週目までが最も重要な期間であり、妊娠に気付くのが4〜6週目頃の人が多いことからすると、妊娠を希望している人は早めに葉酸を適切量摂取できる環境作りが大切だと言えます。

 

(2)神経管閉鎖障害のリスクを軽減してくれる

神経管閉鎖障害とは、脳や脊椎が正常に作られず、二分脊椎や無脳症などの先天異常を起こしてしまう状態です。二分脊椎になってしまうと、脊椎の背中側の骨が一部開いて脊髄などの神経が背中に飛び出してしまうことも多く、運動障害・感覚麻痺・膀胱障害などが伴い、無事に産まれてきてくれたとしても、その後の治療やリハビリがとても大変です。
そして無脳症とは脳がない状態、もしくは脳の大部分が破損している状態の病気で、その場合多くが流産してしまいます。もしも運良く産まれてこれたとしても、1週間も生きられない赤ちゃんがほとんどなのが現実です。
そもそも脳や脊椎の元となる神経管は妊娠6週目頃までに完成します。妊娠したと分かった時には神経管は既に完成に近づいているので、神経管閉鎖障害のリスクを低くするためには、妊娠を希望している人は早めに葉酸を適切量摂取できる環境作りが大切なのです。